--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月10日 (月) | Edit |
映画を見に行った時、上映まで時間があったので併設
されているゲームセンターで暇を持て余していたら、
ペダル式キックボードを操縦するレースゲーム
「キックスルーレーサーズ」が稼働しているでは
ありませんか!?キックボードと言えば、地元で一番
最初に乗り回していたこともあって、かなり注目されて
いた経験があるので、懐かしさもあって遊んでみること
にしました。

キックスルーレーサーズは、キックボードをモチーフに
キックペダルをこいでゴールを目指す体感アクション
レースゲームです。アイテムをGETして競争相手を
邪魔したり、ドリフトならぬトリックを決めてスピード
アップすることができます。

そこで、後輩と来ていたので対戦してみることにしました。
使用するキャラクターを選び、名前をつけて、使用する
キックボードとコースを決めていざ尋常にスタート!
しました。

体感型ゲームということで、べダルをこぐというか踏む
ことでキックボードが進んでいくのですが、少しでも
長く遊べるようわざと距離の長い難しいコースを選んだ
のが失敗で思っていた以上にハードでゲームセンターの
ゲームでこんなに汗を掻くとは思ってもいませんでした。

2周目を終えたところで3位だったのですが、後輩が
「終わった負けた…」というので、ペダルをこぐのを
やめたところ、結局、3周しなければならなく、最下位
から追い上げたものの、8人中5位という結果に終わって
しまいました。

そのまま走り続けていたら1位は確実だったのに、不甲斐
ない順位を他のお客さんに見られるのが恥ずかしいので、
何とか走り切った顔を見せてクールにその場を去りました。
 
それにしても、やっぱりキックボードは楽しいですね。
所有していたキックボードは会社の駐車場で盗まれて
しまったのですが、ググってみたら鍵がかけられる新型
のキックボードが売っているようですね!鍵だけでなく
1秒で折りたため、サスペンションも搭載されています。
これは欲しい!春のイベントに合わせ買っちゃおうかな。
 
キックスルーレーサーズ
 
スポンサーサイト
テーマ:ゲーム
ジャンル:ゲーム
2011年10月17日 (月) | Edit |
一カ月ぶりにボーリングに行きましたが、結果は
またも散々でした。

結果はさて置き、ボーリング場の楽しみと言えば
UFOキャッチャーですが先月と変わりないライン
ナップだったので場内を物色していると、昔、
テレビの「筋肉番付」という番組で指定された
パネルを野球ボールで狙い抜くストラックアウト
というコーナーがありましたが、それを真似た
「ストライクナイン」というゲームがありました。

野球経験はファミスタなどのゲームのみですが
小学校の頃、兄弟で野球ごっこをして遊んでいた
ことがあり、ピッチングに関しては少し自信が
あるのでチャレンジしてみました。

一回300円で12球投げて9枚のパネルを狙い
ます。基本右投げ右打ちですが、野球ごっこでは
左投げのプロ野球選手を真似て投げていたので
どちらでも投げることができます。しかも、左投げ
方が制球がいいので左で投げてみました。

それでは緊張の一投目ですが、何とすっぽ抜けして
しまいました。そして、二投目もすっぽ抜け、
三投目はやっとまともに投げれましたが、パネルに
当てれず、残り9球となりました。もうミスは
できないので左投げは諦めて右投げにスイッチ。
しかし、右投げでも中々パネルに当てることが
できず、最後の一球でやっと当てるのが精一杯
でした。

小学校ぶりに投げたものの思っていた以上に
当たらなかったので悔しいです。またの機会に
リベンジしようと思います。
 
ストライクナイン
 
テーマ:ゲーム
ジャンル:ゲーム
2009年03月02日 (月) | Edit |
某イベントにスタッフとしてお手伝いにいった際、お昼の
空き時間を利用して、イベント会場の向いにあったゲーム
センターでUFOキャッチャー講習に出向くも、1個も
取れず終わってしまいました。そこで、気晴らしにマリオ
カートアーケードグランプリ2で対戦してみることに
しました。

今回のお相手はイベントスタッフのお二人で3人対戦と
なりました。実はこんなこともあろうかと、前回つくった
マリオカートカードを持ってきていましたので、使用して
みることにしました。

まずはキャラクターの選択からですが、「まめっち」を
選択、お二人はそれぞれ「マリオ」と「キノピオ」を選択
されました。次にコース選択ですが、パックマンステージ
で遊びたかったのですが、何故かバナナン遺跡での勝負と
なりました。そして、運命のアイテム選択なんですが、
何とカードを使用した場合、好きなアイテムが選択できた
のです!これはラッキーです。ということで、ロックオン
タイプのハリセンボン、ミサイルタイプのたつまき、設置
タイプのがびょうを選択し、レースの準備が整いました。

それでは運命のスタートです。ロケットスタートを見事に
決めて1位で走り抜けるも、カーブでドリフトを決めた
つもりが、不発でキノピオに抜かれ順位を落とします。
そこで、アイテムボックスで手に入れたハリセンボンを
命中させたり、抜き返すついでに体当たりをしたりしながら
キノピオとデットヒートを繰り返しつつ、2位で1周を終え
ました。そして、2周目もドリフトの不発を繰り返し、追い
付け追い越し追い抜かれしながら、3位で最終ラップを迎え
ました。巷でゲーマーで名が通っているにも係わらず、1位
でゴールできなければゲーマーの名が廃ります。ここは何と
しても維持を見せなければなりません。しかし、焦りからか
ドリフトをうまく決めることができず、追いつくどころか
差が開く一方です。ところが、最後のヘアピンカーブで前を
走るマリオとキノピオがハンドルを取られ、車体がコース
から大きく離れているではありませんか!?チャンスです!
ここで内回りすれば2人を抜ける!と、インコースを狙って
カーブを曲がった瞬間、どちらかが設置したであろうネズミ
はなびに接触してしまい車体がクルクルと大回転…。結果、
3着でゴ~ルとなってしまいました…。

結果は3位でしたがランクが上がり、「バトルルーキー」
の称号を得ることができました。それにしても、UFO
キャッチャーも1個も取れず、マリオカートでも1着に
なれず、ゲーマーとして醜態をさらしてしまったことは
反省しなければいけませんね…
 
マリオカートアーケードグランプリ2
 
テーマ:ゲームセンター
ジャンル:ゲーム
2008年08月14日 (木) | Edit |
UFOキャッチャー目的でゲームセンターに立ち寄った
ものの、獲りたいものと獲れるようなものがなかったので、
館内をフラフラ観て廻っているとドラゴンボールZの格闘
ゲーム台があるではありませんか!?ゲームセンターで
ドラゴンボールZが遊べるなんて夢みたい!と一人感動
しながら、迷うことなくコインを入れてみたら随分昔に
リリースされたドラゴンボールZのアーケード作品
「超ドラゴンボールZ」だったので、ちょっとがっかり
きましたが、これまで一度も遊んだことなかったので
気を取り直して遊んでみました。

「超ドラゴンボールZ」はバンプレストが手がけた格闘
ゲームで主にセル編に登場するキャラクター12名で対戦を
行います。使用キャラ数はちょっと寂しげでサイヤ人チーム
も平常のままの姿での使用となります。なので、どのキャラ
を使おうかと迷うことなく「孫悟空」を選択しました。

基本操作は方向キーに加え、弱攻撃・強攻撃・ガード・
ジャンプの4ボタンで行います。ここまでの操作はゲーム台
にも記載されているのですが、肝心のコマンド表は
どこにも見当たりません。こうなれば長年の勘に
頼らなくてはいけません。そこで一人目の対戦相手は
クリリンで色々試してみることにしました。

ステージは天下一武道会場です。リングアウトはあるの
だろうかと不安を抱きながらも弱攻撃と強攻撃ボタンを
交互に押していると見事コンビネーションが決まり、
クリリンをリング外へ落とすことに成功しました。勝った?
と思いましたが、どうやらリングアウト制ではないらしく
追撃することになりましたが、クリリンは舞空術でその場を
離れようとしています。舞空術はどうするんだと悩みながら
ジャンプボタンを適当に押していたら空中に浮かぶことが
できました。空を飛べたのはいいものの今度はクリリンが
気円斬を放ってきました。何とかガードで交わしました
ものの、こちらも必殺技で反撃したいところ。そこで波動拳
コマンドを入れてみると、かめはめ波が放てるでは
ありませんか!?格闘ゲームではお決まりコマンドですね。
波動拳で技が出るなら、昇龍拳や竜巻旋風脚のコマンドは
どうかと試してみると…出たーッ!と、必殺技が判明すれば
こっちのものであっという間にクリリンを撃破!しかし、
サービスなのか最初っからの設定なのか3ポイント先取制
なのは長く遊べる反面、ちょっとだるいですね。

2人目の対戦相手はピッコロ。ステージは神様の神殿です。
容量は何となくクリリン戦で掴めたので全力でぶっ飛ばして
いると、クリリンと違い超必殺技を打ってくるように
なりました。やはり超必殺技を打たれると打ち返したくなる
ものです。しかし、通常必殺技は何となく出せましたが、
超必殺技となると特殊コマンドが必要になってくるのでは
と思い、手探りで方向レバーをグリグリしながら攻撃ボタン
を押していると、カメラアングルが大きくなり、出ました!
超かめはめ波!!!そして、超必殺技で倒すとバック画面に
何か表示されているのですが、何が描かれているのか
わからないものの、超必殺技で勝つと超気持ちイイ~。
こうしてピッコロも撃破し、次のステージへと進みました。

3人目の対戦相手は少年時代の孫御飯。何故かステージは
地獄です。今回も楽勝モードで挑みましたが大誤算!?
ブログ用に写真を撮影しながら遊んでいたら、ちっちゃくて
素早くて写真を撮るどころではありません。これは真剣に
戦わないとやられるぞと思っていたら、御飯が
スーパーサイヤ人に変身するではありませんか!?何とッ!
変身用のコマンドが存在するのか!?と同様していると
あっけなく倒されてしまいました。御飯が変身できて悟空が
変身できないはずはないと2本目の勝負では変身コマンドを
探しながら戦ってみるも見つかりません。そして2勝2敗と
孫御飯戦で5本目の勝負を迎えてしまいました。これに
負けるとゲームオーバーです。勝利に拘るか変身に拘るか
という運命の選択に後者を選びました。やはり金色に輝く
孫悟空の姿を拝んでみたい!しかし、虚しくも変身コマンド
が見当たらないまま、気がつけば体力が半分程しか
ありません。このままでは負けてしまうと思った、その時!
偶然にも孫悟空がスーパーサイヤ人に変身しました。
この瞬間、自分は格ゲーの神様の申し子なのではないかと
思いましたが、これで一気に形勢逆転をしようと孫御飯に
攻撃を仕掛けた時、一緒に来ていた友人の奥様が
「うちのおとうちゃんがUFOキャッチャーで大変なことに
なっているので助けてください」と割り込んできて、
超ドラゴンボールZを強制終了させられてしまいました。
あぁ、せっかくの逆転劇がこんな形で幕を降ろすなんて…
ガッカリ。

ちなみに友人が狙っていたのはWiiスポーツキット
でした。著者が駆け付けた頃には修復不可能な位置まで
移動していて、商品代をつぎ込んでも獲ることはできない
のは明らかで、手助けするまでもありませんでした…
 
アーケード版「超ドラゴンボールZ」
 
テーマ:格闘ゲーム
ジャンル:ゲーム
2008年07月29日 (火) | Edit |
後輩と映画を観にいった際、上映まで1時間以上あった
のでゲームセンターで暇つぶしすることにしました。UFO
キャッチャーがしたかったのですが獲りたい!と思う賞品
がなく、クイズマジックアカデミーを探すも設置してなく、
館内をうろうろしていると、マリオカートアーケード
グランプリ2が設置していていました。4人対戦台だった
のですが、既に2人が対戦していたので、もしこの2人が
続けて対戦する場合、乱入してみようと思っていたら案の定
続行体制だったのでコインを投入し対戦を挑みました。

対戦相手を確認してみると何と!ブラジル人の兄弟でした。
年齢を察するに小学校6年生と小学校1年生といったところ
でしょうか。一方、こちらは大の大人2人です。子どもには
悪いですが、一切手加減なし懲らしめてやろうという意気
込みで、対戦条件は子どもに合わせることにしました。
難易度は100ccでキャラクターはアカベイ。コースは
やさしいコースで対戦して上げようと兄弟の画面を覗くと
何とむずかしいコースを選択しているではありませんか!?
これはひょっとしてかなりやり込んでいるのではないかと
少し不安になりながらも、きっと強がりでむずかしいコース
を選んでいるんだろう、ちょうどいいハンディだと思い
ながら、レースが開始されました!

レース開始早々、ロケットスタートが決まるもブラジル人
お兄ちゃんに追い付けずとりあえず2位をキープ。しかし、
今回は前回使えなかったドリフトを決めることを心掛け
ながら走っていたので、カーブで見事なドリフトを決め
お兄ちゃんを抜かしトップに立ちました。この兄弟は
やり込んでいる割にはドリフトは使えないことがわかり、
これは勝算あったな!と喜ぶも束の間、難しいコースの
洗礼でカーブが曲がり切れず、壁にクラッシュし、
その間にお兄ちゃんに抜かれてしまいました。その後も
デッドヒートを繰り返すも、最終ラップでミスを連発し壁に
ぶつかりまくっている間に大差をつけられてしまい、
1位になることができませんでした。

悔しいです…。リベンジしたいがこのまま勝ち逃げされる
のではと思ったら兄弟がコンテニューしてきました。
今度こそは勝つ!と次はミズパックマンで勝負しました。
コースは相変わらずむずかしいコースでレースがはじまり
ました。いきなりロケットスタート失敗で4位からの
スタート。さらに運が悪くアイテムが補助系ばかりで
一発逆転が狙えず、お兄ちゃんには全く追い付けず
あえなく2位でした…。

情けない…。泣きのもう一勝負を願っていたら兄弟が
コンテニューしてくれました。三度目の正直で今度は得意の
まめっちで勝負することにしました。今回も難しいコースで
レースがスタート。ロケットスタートが決まり快調に1位を
キープし最終ラップを迎えました。ところが協力プレイだと
思っていた相方の後輩にまさかの裏切り行為とも取れる
雷雲攻撃をお見舞いされて一気に3位に後退。そして反撃
のドリフトダッシュで巻き返しを図ってみるも虚しく3位で
ゴール…。後輩からも「全然だめじゃないですか~」とダメ
出しを喰らうも、一体誰のせい?と突っ込んでやりたかった
ものの、これが今の自分の実力だと反省…。これはちょっと
特訓しないとだめですね。

ちなみに今回はカードを持ってくるのを忘れてきたので
せっかく手に入れたアイテムが全て無駄になってしまい
ました。あぁ、残念…
 
マリオカートアーケードグランプリ2 4人対戦
 
テーマ:マリオシリーズ
ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。