--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年04月21日 (日) | Edit |
「ギャー!もう、無理!!」と後輩の奥さんが叫び出し
周りが一斉にこちらを振り向いた。

数年ぶりの里帰りだったので、学生時代に好きだった
ステーキハウスに後輩夫婦と出かけました。深夜でお腹
が空いたこともあり、ものの数分でステーキを平らげ、
食後のコーヒーを飲みながらまったりしていると、後輩
の奥さんが「ゲーム持ってきてないんですか?」という
のでPS Vitaを貸してあげました。

奥さんが遊んだゲームはPS Vitaタイトルをみんな
で開発していく「第1回ゲームキャンパスフェスタ」で
学校法人河合塾学園トライデントコンピュータ専門学校
開発チームが開発した「もう、そうするしかない!!」
です。ダウンロードしたものの、まだ遊んだことがなかった
のですが、このゲームを遊んだ奥さんが悲鳴を上げたの
でした。

もう、そうするしかない!!は、通れない障害物を直感と
妄想で画面をタッチして自由に橋を架けたり、穴をあけ
たりして、道をつくり、アリさんを目的地まで到達させる
新感覚のパズルゲームなんですが、指と指で橋をつくると
何とアリさんが実際に指を這ってくるではありませんか!?
これがとてもリアルで奥さんが声を上げるのも納得です。

昆虫が苦手な方ははもう我慢するしかないですが、アリが
指を這うのを妄想するのは面白いです。しかし、あまりに
リアルなので悲鳴を上げてしまうことがありますので、
公共の場でゲームをするのは控えましょう。
 
もう、そうするしかない!!
 
スポンサーサイト
テーマ:PlayStation Vita
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。