--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年09月23日 (月) | Edit |
従兄弟の子が行きたい!ということで保護者として東京
ゲームショウ2013に行ってきました。

夜行バスで現地に乗り込んだのですが、渋滞がなかった
からか予定より1時間早く8時に会場につくも早くも
大行列。9時も下旬にもかかわらず早朝から炎天下に
さらされ待つこと2時間、やっとの思いで開場になるも
人の波で全く進まず約10分で会場に入れました。今回の
お目当てはPS Vita TVでしたが、まずは第1会場
に向かってみると、一番奥にガンホーブースがあり、
ニンテンドー3DS「パズドラZ」の体験ができるという
ことで並んでみようと思ったら、整理券が配布されている
ということで受け取ると11時15分となっていたので
1時間暇つぶしに会場内をぶらつこうと思ったらガンホー
ブースの前のブースのコンパニオンさんに呼び止められ
「チョコブランカさんと親子でゲーム対戦したらゲーム機
あげるよ」という誘惑に従兄弟の子が負け、あの~親子
じゃないんですけど…って言うも、「いいの、いいの」
ということで15時30分からぷよぷよ対戦することに
なりました。ところでチョコブランカって誰?と思い
つつ、指定の時間に戻ってくることにしました。

さて、従兄弟の子の目的はカプコンブースの「モンスター
ハンタースマート」だったのですが、その道中で脳波を
使ったゲームがあり、一人待ちだったので体験して
みました。「 Mindwave Mobile」と
呼ばれるヘッドセットを額と耳たぶに金属部分が触れる
ように装着します。すると集中度とリラックス度が計測
されるのですが、緊張からかリラックス度が低かったです。
ゲーム体験は魔女と戦うゲームかスプーン曲げのどちらか
が選べたので、魔女と戦ってみました。魔女との戦いに
集中力が必要になるのですが、一分間集中できず魔女に
負けてしまいました。でも、脳波だけで遊べるのには
感激しました。ちなみにこのヘッドセットは12500円
だそうです。今なら脳波を図るアプリ付きだそうです。
興味のある方はどうぞ!

とりあえず全会場をぐるりと見回っているとパズドラZ
の体験の時間がやってきました。パズドラZは初級、
中級、上級のどれかが楽しめます。パズドラ経験者ならば
中級がいいと言うことで中級を選んでみました。制限時間
5分でボスを倒すのですが、久々のパズドラでやり方を
忘れていた為、結局ボスを倒せずに終わってしまいました
が、出口で何と体験版ソフトをいただいちゃいました!
これは嬉しいです。

パズドラZ体験を終え、次に子ども達のお目当て、
スマホアプリ「モンスターハンタースマート」を体験して
みました。モンスターハンターのアプリと言えば既に
「モンスターハンター マッシヴハンティング」が配信
されているので、その続編か何かかと思い、全く期待して
いなかったのですが、これが以外に面白かったです。基本
無料で今冬配信されますので要ダウンロードです!ちなみに
このアプリを遊ぶと抽選会に参加できました。ルーレットで
A~Dの抽選ボックスに振り分けられるのですが、Bが
ロックマンのステンレスボトルだったのでBを祈っていたら
Dのカプコンオリジナルグッズのボックスでした。てっきり
オリジナルグッズが貰えるものだと思ったら抽選ボックス
から当たり引かなければならないらしく、手を入れてみると
紙が一枚しか入っていなく取り出してみると参加賞でした。
絶対にやらせですね。ちなみに参加賞はアプリのシリアル
コードでした…

さて、お昼を食べたかったのですが、バンダイナムコブース
で有野課長が現れると言うことで観に行くも入場制限で
ブースに入れず、仕方なしに、今回のお目当ての「PS 
Vita TV」を触れてみることにしました。人気がない
のか並ばずに体験できたと思ったらビデオの機能を体験
できるコーナーでした。失敗したなと思ったら、これが
意外にスムーズに流れる映像を体感でき、購入を決意
しました!

さて、プロゲーマーとの対戦までまだ2時間あるので
ブラブラしているとGクラスターブースで抽選で
Gクラスター本体がもらえるイベントが開催される直前で
ちょうど抽選券を配布していたので参加してみました。
250名中10名に当たるのですが、その前にステージで
Gクラスターのゲーム対戦があり、会場の中から2名選出
されることになりました。いきなり大勢の前で対戦するのは
恥ずかしいので選ばれた2名には何とGクラスター本体を
プレゼントされるようで、参加者を募ったところほぼ全員が
手を上げてるではありませんか!?その中からアシスタント
のお姉さんの目に止まった人が選ばれることになったのです
が頑張って手を振ったものの残念ながら選ばれません
でした。ゲーム対戦に選ばれなかったものの我々にはまだ
抽選会が残っているのですが、その抽選方法は何とゲーム
対戦で左の人が勝てば奇数、右の人が勝てば偶数の抽選番号
の人から8名、負けた方から2名に当たることになって
います。つまり、抽選会の運命は対戦者に委ねられている
のです!これは真剣に応援しなければと抽選券が奇数なので
左のお兄さんを応援していたら見事勝利!ナイスお兄さんと
言うことで早速抽選会に移ったのですが、従兄弟の子共々
番号は呼ばれることなく終了。ガッカリした気分で会場を
後にしようと思ったら、1時間にもう一度抽選会があるよう
で、リベンジしてみました。今回は先程の反省を踏まえ、
抽選会よりも確実に本体がもらえるゲーム対戦に焦点を
絞り、どうすればお姉さんの気を引けるか!?作戦を練って
みました。そこで子ども達はケータイのフラッシュで、自分
はスマホの「カンペ」アプリを使って「メアド教えて!」を
表示させ、ゲーム対戦の選抜に挑んでみました。すると、
何とフラッシュの眩しさでお姉さんの気を引いた従兄弟の子
が選ばれたのです!見事作戦成功なのですが、ゲーム対戦で
従兄弟の子どもが勝った場合、奇数の番号な自分の抽選確率
が下がってしまう為、対戦相手のお兄さんを応援して
いましたが、あっさりと従兄弟の子が勝利してしまい
ました…。結局抽選もハズレ、お姉さんのメアドもGET
ならず。トホホ。

まあ、気を取り直して本日の最終イベントとして
チョコブランカさんとのぷよぷよ対決でゲーム機を貰いに
AverMediaコーナーに向かいました。ここでは親子で
チョコブランカさんと対戦するだけでゲーム機が貰えると言う
説明でしたが、いざ、ブースに向かうと、親子で戦うのでは
なく、子どもだけでさらにゲーム機だと思っていたらゲーム
録画機だったのです!?何か設営めちゃくちゃなだなと感じ
ながらもタダで高価な品物が貰えるので何でも許せます。
それよりも、対戦相手のチョコブランカさんが気になります。
イベントPOPにはアメリカのプロゲーマーって書いてある
ので、アメリカ人なのかと思っていたらご本人登場!えー!?
スゲー可愛い!!しかも、日本人だし!!こんなに可愛い娘と
対戦できる従兄弟の子が羨ましい~。ということでぷよぷよ
対戦が始まったのですが、スマホのアプリでちょこっとした
遊んだことのない従兄弟の子は、超手加減してもらった
チョコブランカちゃんに惨敗…。たとえ、ゲーム録画機の為
とは言え、無謀にも対戦に挑んだ従兄弟の子に拍手を送り
たい。そして、チョコブランカちゃんとお知り合いになる
ことができたことに感謝したいです。

そんな、こんなで楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、自分
たちの東京ゲームショウ2013は閉幕しました。

総括として、ゲームの体験をすると限定グッズを貰える
ところが多くみられました。しかも、どこも豪華。ひと昔
前までは体験して終わりだったような気がするのですが、
何かプレゼントを用意することで長時間待ってでも並んで
もらって体験してもらおうというメーカーの策略なのかと
感じました。これは大いに歓迎ですので是非今後も続けて
欲しいですね。

いや~、それにしてもチョコブランカちゃん可愛いかった。
 
東京ゲームショウ2013
 
スポンサーサイト
テーマ:日記・雑記
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。